2021/2/19

どの時代においても手術治療は進化し続ける。

その進化の軌跡には革新的な手術テクニック、そして新しいテクノロジーの存在がある。

しかし、手術治療の進歩と患者へのリスクがトレードオフとなってはならない。

手術治療は安全性や倫理性を考慮した状況下で行われるべきで、外科医は常日頃から自己研鑽に励み、技術のノウハウ共有に努めるべきである。

連載「Tips for Surgical Tech. 」は先駆者たちの経験やノウハウを紹介しながら、新しい外科的なTechniqueとTechnologyを学ぶ場である。

登場する先生

金沢大学

整形外科

加藤 仁志

Quotomyのプロフィールもチェック

登場する論文

Journal of Neurosurgery: Spine

2015 Oct;23(4):479-83.

Gradual spinal cord decompression through migration of floated plaques after anterior decompression via a posterolateral approach for OPLL in the thoracic spine

Kato S, Murakami H, Demura S, Yoshioka K, Hayashi H, Yokogawa N, Fang X, Tsuchiya H

0

0

この論文に0件のアクションが付いています。

この論文をもっと読む

続きを読む

コメント

コメントを見る